うまく扇子に仕上げるために

画像はクリックで拡大できます。


①まずダウンロードページからファイルをダウンロードしてください。

開きますと、以下のようなファイルが表示されます。

説明を必ず読んでください。


②説明レイヤーを非表示にしますと、以下のような画面になります。

赤線以内には必ず入れたい柄を、

青線以内には、仕上がりイメージの柄をおさめます。

それより外は、柄が切れる可能性が強くなります。

しかし、黒線まで柄をいっぱいに描かないと、柄が切れる可能性がありますので、黒枠まで色や柄を描き切ることをおすすめしています。

 

また、扇子には骨(竹)がつきます。

両面ともに右側には、絵に竹が乗ってしまいますので、ご了承ください。

 


③黒線以外のレイヤーをお好みで非表示にし、お好きな柄をお描きください。


④アウトラインを書き終わりました。

ここで、絵を描いてるレイヤーと、扇子の線を描いているレイヤーが別々になっていることを再度確認してください。

別々になっていないと、線がそのまま印刷に出る可能性があります。


⑤ここでしっかり枠の中に柄が入っているか、確認しましょう。


⑥扇子は、折り目がつくため、仕上がりで少し横幅が縮みます。

描いた絵は、すこし横伸びにしておくことをお勧めしています。

(わかりやすくするため、今回は色をつけてから横伸ばしにしました。)

↑元のイメージ

↑横伸ばし

↑横伸ばしにしたあとも、枠に入るよう調整を忘れないでください。


⑦ここで、文字を入れた方は、文字のレイヤーをラスタライズすることを忘れないでください。

当社にないフォントは、当社にデータを送っていただいた際に再現できない可能性があります。

もしラスタライズをお忘れになってフォントが変わっても、再印刷はいたしかねます。ご了承ください。


⑧最後に、赤枠と青枠を非表示にして入稿してください。

こちらの工程を忘れると、線が印刷される可能性がございます。

また、保存の際にはレイヤーを結合せず、サイズも変更せず当社にお送りくださいませ。

 

 

 

※こちらで掲載している画像を無断で使用、加工、転載することを禁じています。